桜満開の金沢で四三会(2013年5月16日)

2013年5月16日

昭和43年卒の同期会が、食と伝統工芸は日本一と評判の金沢で盛大に開催された。
2年後に開通予定の北陸新幹線を前に、街が活気づいているようで、嬉しかった。

魚類(カニ等)は、冬期が美味しいモノが多いが、雪の為交通機関がマヒすることが多いので、桜の季節に決めたという、いしかわ観光特使を務める前出幹事の計らいに感謝しつつ、4/9(火)午後5時30分、金沢エクセルホテル東急に参加者14名が集合。

早稲田OBの矢吹さんが特別参加してくれたゴルフ組(山田・吉岡・浜田・石田・前出)は前日に金沢入り、夫婦水入らずのIペアーも元気。
一番嬉しかったのは、肺がんと診断され、落ち込んでいた高長(旧姓・布子)が医師の誤診?だったと元気な顔を見せてくれたこと。

懇親会は、長土塀町の割烹店に移動、「石焼きホタルイカ」の美味にアルコールも進む?(但し、酒の量は間違いなく年々減少している)。
二次会は、片町でカラオケ三昧(観光特使のワンマンショーでした)。

翌日は、ひがし茶屋街観光。今一番の人気スポットだそうな「懐華楼」という金沢市指定保存建造物を見学後、桜満開の兼六園の「兼見御亭」で昼食。

午後は、21世紀美術館・金沢城を各自の都合で自由見学、来年は東京で再会を約束し、解散となった。

(文責 大場 隆雄)
 


※画像をクリックすると、大きいサイズで表示されます。

写真説明

前列左から
前出猛男、稲葉(45年卒、旧姓・上野)百合子、小林(旧姓・三森)寿子、高長(旧姓・布子)義則、大場(旧姓・谷村)淑子、伊藤征二

後列左から
稲葉太一、石田則雄、吉岡 博、山田征夫、浜田(旧姓・阿部)慎吾、佐藤富弘、大場隆雄、橋本(旧姓・関)美恵子は体調不良で離席